株式会社 office KOSEI

柔道家 井上康生

メディア様お問合せ窓口

mail@office-kosei.jp
担当者直通 080-3355-8998
社名 株式会社 office KOSEI
代表取締役 東原邦明
所在地 〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-16-8 クリスタルビル7F
Tel. 03-6303-3501(イーストフィールド内)
Fax. 03-6303-3502

井 上 康 生

1978年5月15日 宮崎県出身
柔道家(六段)
柔道全日本男子監督
2000年シドニー5輪
男子柔道100キロ級 金メダリスト
主 な 学 歴
平成13年3月 東海大学体育学部武道学科卒業
平成13年4月 東海大学大学院体育学研究科入学
平成16年4月 東海大学文学研究科博士課程
コミュニケーション学専攻入学
平成20年3月 東海大学文学研究科博士課程
コミュニケーション学専攻満期退学
初心

私の座右の銘であり、常に心に大事に留めている言葉であります。

「全て初心に帰って頑張ってください。」 亡き母からの手紙に書いてあった一文。

現役時代、勝たなきゃいけない、強くなきゃいけない、
と何かに縛られている感覚が強くあり、結果を残せずにいた当時。
「初心」という言葉は、私の心の奥深く、光を発しながら飛び込んできました。

「自分は純粋に柔道が好きだった。強くなりたいから、試合に勝ちたいから、
オリンピックチャンピオンになりたいから、こうやって柔道をつづけられたんだ」

それが、自分にとっての「初心」なのではないかと気づきました。
その後、背中を押されるように前に進むことができ、
21歳で初出場した世界選手権で優勝することができました。

「初心」とは、サインにも必ず書く、座右の銘であり、母からの最後の贈り物であります。

主な戦歴

平成 7年 全国高校総合体育大会 +95kg 優勝
平成 8年 全国高校選手権大会 団体・無差別 優勝
平成 8,9,10年 全日本選手権大会 平成10年度 準優
平成 8年 全国Jr.大会 +95kg 優勝
平成 9年 オーストリア国際大会 +95kg 優勝
平成 9年 全日本学生大会 +95kg 優勝
平成 9年 講道館杯 -100kg 優勝
平成 9,10年 国民体育大会 団体 優勝
平成10年 正力松太郎杯国際大会 +100kg 優勝
平成10年 全日本選抜体重別選手権大会 -100kg 準優
平成10年 全日本学生体重別選手権大会 -100kg 優勝
平成10年 アジア大会日本代表 -100kg 優勝
平成11年 世界柔道選手権大会 -100kg 準優
平成12年 全日本選抜体重別選手権大会 -100kg 優勝
平成12年 シドニーオリンピック -100kg 優勝
平成13年 全日本選手権大会 -100kg 優勝
平成13年 世界選手権大会(ミュンヘン) -100kg 優勝
平成14年 全日本選手権大会 -100kg 優勝
平成14年 ワールドカップ(スイスバーゼル) 団体 優勝
平成14年 アジア大会日本代表(韓国釜山) 無差別 優勝
平成15年 全日本選手権大会 -100kg 優勝
平成15年 世界選手権大会(大阪) -100kg 優勝
平成17年 嘉納治五郎国際柔道大会 無差別 優勝
平成18年 講道館杯柔道大会 -100kg 優勝
平成19年 講道館杯柔道大会 -100kg 優勝
平成20年5月 現役引退
平成 7年 全国高校総合体育大会 +95kg 優勝
平成 8年 全国高校選手権大会 団体・無差別 優勝
平成 8,9,10年 全日本選手権大会 平成10年度 準優
平成 8年 全国Jr.大会 +95kg 優勝
平成 9年 オーストリア国際大会 +95kg 優勝
平成 9年 全日本学生大会 +95kg 優勝
平成 9年 講道館杯 -100kg 優勝
平成 9,10年 国民体育大会 団体 優勝
平成10年 正力松太郎杯国際大会 +100kg 優勝
平成10年 全日本選抜体重別選手権大会 -100kg 準優
平成10年 全日本学生体重別選手権大会 -100kg 優勝
平成10年 アジア大会日本代表 -100kg 優勝
平成11年 世界柔道選手権大会 -100kg 準優
平成12年 全日本選抜体重別選手権大会 -100kg 優勝
平成12年 シドニーオリンピック -100kg 優勝
平成13年 全日本選手権大会 -100kg 優勝
平成13年 世界選手権大会
(ミュンヘン)
-100kg 優勝
平成14年 全日本選手権大会 -100kg 優勝
平成14年 ワールドカップ
(スイスバーゼル)
団体 優勝
平成14年 アジア大会日本代表
(韓国釜山)
無差別 優勝
平成15年 全日本選手権大会 -100kg 優勝
平成15年 世界選手権大会(大阪) -100kg 優勝
平成17年 嘉納治五郎国際柔道大会 無差別 優勝
平成18年 講道館杯柔道大会 -100kg 優勝
平成19年 講道館杯柔道大会 -100kg 優勝
平成20年5月 現役引退
PageTop